早春淡墨桜過酷ウォーク

土曜日は早春淡墨桜浪漫ウォークに参加しました。
私にとっては『浪漫』という過酷なウォークです。
3回目の参加ですが慣れません。
40kmまで体力を温存してのこり20kmを頑張るか、40kmまで思いっきり飛ばしてヘロヘロで坂を登るか・・・
どちらにしても身体を限界まで酷使します。

朝4時起床、4時半に自宅を出発。
5時15分に真清田神社に到着。
ファミマで朝食を買い軽い朝食。
受付を済ませ6時10分から出発式。

80代で60kmを歩くという2人の発声で檄。

そしてスタート。6時30分。

早朝の一宮市内を大勢の人が歩きます。
何も知らない人からは異様な光景に見えます。

歩き始めて1時間ちょっとで光明寺公園。
朝食が配られます。お寿司とお茶と味噌汁、バナナ。

朝食を済ますと木曽川の堤防へ、まだ10kmしか歩いていません。

長良川を超えると墨俣一夜城、9時53分最初のチェックポイントです。

瑞穂市役所を超え北方町役場を超えると中間点である30kmポイント。11時40分。

この距離表示は正確です。GPSとぴったり合ってます。

途中で施設の接待所で甘茶のサービス。

40km地点通過。13時32分。

根尾川を超えるといよいよ登りが続きます。

急な登りではありません。だらだらの緩い登りです。
旧長瀬小学校が給水ポイント。一息つきます。

ここから50km地点までが精神的に一番疲れるところです。
素晴らしい景色なのですが景色を見る余裕はありません。

ようやく50km地点通過。15時13分。
10kmを130分もかかりました。もはや散歩のスピードです。
17時前のゴールを目標としていたのですがここで断念。
3つ目のチェックポイントの日当駅。

残り7.5km、愛知池一周分の距離です。15時49分。
愛知池一周なら1時間なのですがここはそういうわけには行けません。
ゴールまであと3km。16時44分。
時速5kmを切ってます。もはや散歩以下、情けない。
最後のチェックポイントは根尾谷地震断層観察館。

残り1km、17時07分。

最後の吊り橋を渡ります。

そしてゴール、17時19分。去年よりタイムが落ちました。

暖かいちゃんこ鍋が美味しかった。
これを食べると『あ~終わったぁ!』と実感します。

今年はチェックポイントの通過時間制限ができました。
20km地点の墨俣一夜城のリミットが11時、そして34km地点の富有柿の里が13時。
墨俣一夜城をぎりぎりの11時に通過すると時速7kmで歩かないと次のチェックポイントはタイムアウトになってしまいます。
この時間制限はかなりのプレッシャーになります。
今回タイムアウトになった人はいるのでしょうか・・・??

カテゴリー: ウォーキング パーマリンク

早春淡墨桜過酷ウォーク への4件のフィードバック

  1. edokappa のコメント:

    淡墨お疲れ様でした。

    我が家は17時ゴールでした。
    雨でなかった分、とほ娘の調子がことのほか良く、昨年より大幅に
    時間短縮となりました。

    次は飯田でしょうか?
    我が家も参加予定です。
    また、会いましょう。

  2. でこ のコメント:

    お疲れ様でした。昨年参加しましたが、あの雨の中でも今年の制限時間までに通過できてるので60kを歩こうとする人にはあまりきつくないのタイムリミットだと思います。

  3. 管理人 のコメント:

    > edokappaさん

    今年は絶不調でした。
    去年の雨のスタートよりタイムが落ちてしまいました。
    私はedokappaさんを驚異の目で見てます。
    めっちゃ速いのにちゃんと奥様と一緒にゴールしますよね。
    私にはとてもできません。

    次は名古屋ツーデーのお手伝いをやってその後は飯田です。
    あの地獄のアップダウンは何回歩いても慣れません。

  4. 管理人 のコメント:

    > でこさん

    そうですね。
    60kmを歩こうという人には問題ないリミットですが富有柿の里から日当駅まで電車移動しようとしていた人にはかなりつらかったんじゃないでしょうか?
    この大会は赤字路線の樽見鉄道を応援しようという趣旨で始まったと聞いてます。
    ひところはゼッケンをつけて樽見鉄道に乗ると車掌さんがチェックポイントの前の駅を教えてくれたとも聞いています。
    だんだん健全な大会になってきたと思ってます。
    チェックポイントの時間制限で34kmまでは全力で歩かなくてはいけなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。