花巻イーハトーブの里ツーデーマーチ(最後)

娘の家に行き夕食は盛岡の中心部へ行くことになりました。
家の近くの駅は『いわて銀河鉄道』の青山駅。
花巻も盛岡も宮沢賢治一色です。
歩いて7~8分で青山駅に到着。

銀河鉄道なんて名前がいいですね。

そして夕食。
店の名前は忘れましたが高級な店です。

そして帰りに世界各国のビールを飲めるという店に行きました。

訳のわからんビールを皆それぞれに注文し・・・

そして再びいわて銀河鉄道に乗り帰りました。

そして翌8月20日は完全オフ。
婿殿は午前中仕事ということで早朝に出勤。
娘と妻と私で盛岡市内観光。
いわて銀河鉄道で盛岡駅に行きぶらぶら。
お土産屋さんに寄ったあと石川啄木の新婚当時の住居へ。

そして裁判所の庭にある石割桜へ。

盛岡の街路樹は栃ノ木。
こんな看板がありました。

そして盛岡城跡へ。

そして北上川にはこんな看板がありました。
こんな大都会の川にサケが登ってくるなんて・・・秋にまた来たい。

そして岩手銀行旧本店で開催されていたゴルゴ13展へ。
ゴルゴ13が連載開始50周年ということで開催されていました。


写真撮影が禁止の場所がほとんどで画像無しです。

でも楽しかった。
昼ご飯は仕事を終わった婿殿と合流し盛岡冷麺の店へ。
私は冷麺とビビンバのセット。焼肉丼のセットの人も。

そして飛行機の時間も迫ってきて空港まで送って頂きました。
途中でびっくりドンキー1号店の横を通りました。
びっくりドンキーが盛岡起源なんて初めて知りました。

そして空港へ

飛行機も定刻離陸で無事に帰ってきました。

花巻も盛岡も宮沢賢治一色の街でした。
観光スポットはみな宮沢賢治がらみ。
また来年も行ってみたいな。来年は青春18きっぷで。

カテゴリー: ウォーキング | 2件のコメント

花巻イーハトーブの里ツーデーマーチ(その3)

我が家の関係者5人と合流し花火鑑賞。
『光と音のページェント』
というだけあって普通の花火とちょっと違います。
音楽が流れる中そのテーマに沿った花火が揚がります。
田舎の花火だから大したことないだろうと思ったらこれがすごい。

また打ち上げ地点のすぐ前、ウォーカー専用桟敷席がGOOD。

花火の後は宿まで歩き遅い夕食を食べ熟睡。

2日目は30km歩くはずだったのですが前日できた足のマメが痛み断念。
500選認定の11kmコースにしました。
『イーハトーブの里・賢治のみち』
8時に30km・20kmコースの人をお見送り。ちょっと悔しい。

そして8時45分、11km・5kmコース出発式。

9時にスタート。

ゆるキャラの花巻温泉フクローがお見送り。

スタート印を押してもらいます。

そしてゲートから外へ。

最初に向かったのは宮沢賢治が好きだったというイギリス海岸。

川が増水していて普通の川でした。

給水ポイント。冷たいお茶が美味しい!!

そして前日花火会場となっていた北上川の堤防。

そして賢治詩碑へ。
宮沢賢治一色です。

そしてチェックポイント。

文化財の同心屋敷が給水ポイント。

花巻城跡。

11kmなので午前中にゴール。

延べ参加者は1350人。

そしてトン汁と泡の出る飲み物。

昼食は妻や下の娘夫婦と合流して食べることになりました。

昼食は岩手名物じゃじゃ麺。

味噌味の汁無しうどんです。

そして少し残して生卵を入れチータンというスープを入れてもらいます。
正しい食べ方の説明書があります。

そして完食。

この後は娘夫婦の職場見学ということで岩手大学へ。
大学内には誰でも自由に入り散歩することができます。

大学内には文化財となっている貴重な建物もあります。

旧正門。

宮沢賢治がいた旧盛岡高等農林学校。

ここまでは誰でも入れる場所です。
ここから先は関係者のみしか入れない場所です。

そして今夜お世話になる娘夫婦の新居へ。
玄関からは岩手山がよく見えます。

カテゴリー: ウォーキング | 2件のコメント

花巻イーハトーブの里ツーデーマーチ(その2)

スタートすると気温は上がってきてジャンパーを脱ぎTシャツに。
序盤の10kmは延々と続く上り坂。
その途中の給水ポイント。地獄に仏です。

上り坂の終わりは古田トンネル。

トンネルを出るとやっと平らな道。
ワインシャトー大迫を通過。
ワインの試飲があるのじゃないかと思ってましたが通過だけ。

周りはブドウ一色です。

最初のチェックポイント。15.6km地点。

ここまで時速6kmをキープ。
上り坂の時速6kmはつらい・・・残りは25km。
花巻のコースはスタート時にコースを選んだら他のコースに途中で乗り換えられない完全独立コースです。
スタートしたら40km歩くかリタイアかどちらかです。
何があっても行くしかありません。
ありがたいのは5kmおきに給水ポイントがあり氷で冷やした冷たいお茶が頂けること。矢印も見やすく地図を見なくても道に迷う心配はありません。

沿道の民家には綺麗に刈り込んだ木。

2つめのチェックポイントは25km地点の戸塚公民館。
ここではトン汁サービスもありました。美味しかった!!

ここからしばらく東北新幹線の高架下の砂利道を歩きます。

わずかな距離ですが尖った砂利が足の裏を責めます。
ここで両足にマメ・・・致命的。この砂利道さえなければ・・・・

そして花巻空港の横を通過。

滑走路の下をくぐります。

ジェット機のエンジン音がトンネル全体に響きます。
そしてあと3km・・・2km・・・1km・・・

後半はペースが落ちましたが待望のゴールのなはんプラザ多目的広場です。

14時54分ゴール。7時間24分。
参加者は40kmコースは105人。

16時からは屋外でウォーカーの集い。
ビール2本とつまみ多数。
乾杯前からじゃんじゃん飲んじゃってます。

東北マーチングリーグ表彰式。

約1時間で終了。
このあと待望の花火会場に移動です。
妻や娘夫婦はもう桟敷席で場所を取っているとのこと。

花火会場に行く途中でマルカン食堂名物のソフトクリームを食べに行きました。
ヒダさん、ササキさん、ヤマシタさん、イタサカさんと私の5人で。

これは作り物の見本。
実際は

箸で食べるのです。

そして花火会場へ。

カテゴリー: ウォーキング | 2件のコメント

花巻イーハトーブの里ツーデーマーチ(その1)

岩手県で行われた花巻イーハトーブの里ツーデーマーチに参加しました。
目的は2つ。
1.初めて東北を歩くこと。
2.盛岡に嫁いだ娘の様子を見に行くこと。

出発は8月17日。
私にとっては異例の飛行機移動です。
青春18きっぷで移動している人に申し訳ないなと思いながら楽な飛行機選択です。
午後の便だったので名古屋空港近くのあいち航空ミュージアムへ。
いろいろな実機が展示されています。
YS-11

いろいろあって説明すると本が一冊書けるくらいになってしまうので・・・
零戦52型

屋上からは小型機やヘリがいっぱい。

そして搭乗時間が迫ってきたので空港へ。
FDAの緑の機体。

1時間10分のフライトでいわて花巻空港へ。

そしてタクシーで花巻駅へ。
そしてなはんプラザへ行き事前受付。
そしてホテルはビジネスホテルブドリ。
中華屋の2階がホテルです。
クチコミには最悪の評価がいっぱい書いてありましたが寝るだけなら充分です。
そして夕食はホテルの目の前のつぼ八。
いっぱい飲んで食って・・・

そして部屋に帰って夜中にセブンイレブンへ。
妻が一緒なのでちょっと控えめに。

そして熟睡。

朝は6時45分に40kmコースのスタート場所に向かうバスが出るということなので5時半起床、6時15分に宿を出ました。
朝食はセブンイレブンのおにぎり。
会場到着は6時半。
まだ準備中です。

そしてバスで道の駅とうわに移動。

道の駅とうわに到着し出発式です。

そして檄一発の掛け声は兵庫のヤブキさん。

そして7時半にスタートです。

この日の最低気温は10.5℃、花巻でもこの時期では異例の寒さです。
寒くて長袖ジャンパーを着ました。
灼熱ウォークとの評判の花巻ツーデーが気温一桁寸前の寒さとは・・・

カテゴリー: ウォーキング | 花巻イーハトーブの里ツーデーマーチ(その1) はコメントを受け付けていません。

お盆休み

お盆休みに入りようやくIVVの今年の分を貼り終わりました。
1月の熱田伊勢ウォーク以来貼っていませんでした。
切るのがめんどくさい・・・だけの話です。
貼り終わった後郵便局へ行き定額小為替を買い簡易書留で出しました。

今年の1月の申請は6000km。
そのあと7か月かかって8000km。
1か月あたり300kmを切っています。
この先もあまり伸びる予定なし。

地元の例会は長くて15kmくらい。
イヤーラウンドでも積極的に歩かない限りは伸びません。

18日から花巻イーハトーブの里ツーデーウォークに参加します。
17日(金)に県営名古屋空港から花巻空港に出発します。
飛行機でウォーキングなんて初めてです。

上の娘夫婦、下の娘夫婦、そして私たち夫婦の6人で参加。
でも私以外は10km、桟敷席での花火が目的です。
ウォークの参加者は桟敷席が確保されているとのこと。
ゼッケンを見せると桟敷席での花火観戦ができます。

灼熱ウォークと噂の花巻ですが今年は涼しそうです。
1日目の予想最高気温は23℃、最低は15℃。
もし灼熱地獄なら40kmを20kmに変更しようと思いましたがこの気温なら40km歩けそうです。
花火観戦がちょっと寒そうです。

カテゴリー: ウォーキング | お盆休み はコメントを受け付けていません。