しおや100kmウォーク(最後)

46キロ地点の杉山農場でうどんを頂いた後いよいよ夜間歩行に入ります。
大会実行委員会から支給されたテールランプを点灯します。

17時を過ぎると完全真っ暗。
エイド以外の写真撮影は無理です。
私のカメラはF1.8で明るいレンズなのですが歩きながらの撮影は無理です。
特にこの日は新月で月明りなし。
キャップライトなしでは全く何も見えない山道を超えていきます。
私のような都会の人間には経験したことのない暗さです。
何も見えません。

もうどこのエイドかわかりません、たぶん『たておか商店』。

18時2分です。
まだ宵の口なのに深夜のような感覚です。

ヤイタ工業のエイド。

20時02分。

そしてゴールではない玉生小学校に到着。

ここで焼きそばを頂きました。

10分でリスタート。まだ32km残ってます。
ゆくりしているひまはありません。

そして79km地点の道の駅『湧水の郷しおや』でスープ餃子を頂きました。

このころから20時間切りが頭をよぎってきました。
頭の中で必死で計算します。
どんなペースで歩いたら20時間を切れるのか・・・
体力は限界、でも気力はまだ残ってます。

88.2km地点のエイドで熱々の肉まん、最高です。

時間が迫ってます。
ペースを上げたくてもなかなか上がりません。
94キロ地点の大宮コミュニティーセンターのエイドはパス。
そして待望のゴール。
午前3時45分。

20時間を切りました。19時間45分。

自分で計算した時間に身体と足が応えてくれました。
全身が悲鳴を上げてますが一生に何回かはこんなこともあっていいんじゃないかなぁ。

 

ウォーキングを始めたきっかけが血糖値が高いから医者に運動しなさいと言われたことでした
当初はジョギングがいいかと思ったのですが当時の体重が90kmあり医者からすぐに膝や腰を痛めるから歩くことから始めなさいと言われたことがウォーキングのスタートでした。

医者に言わせると『100kmウォークなんてとんでもない、体に良くない。毎日3~5km歩くのが体に良い』らしいのですが・・・

来春は緑のゼッケンをつけて参加したいと思ってます。

カテゴリー: ウォーキング | 4件のコメント

しおや100kmウォーク(その2)

会場にはいつもの垂れ幕。

8時前には続々と参加者が集まってきます。

今回はコロナ対策で受付なし、8時になったら勝手にスタートしてくださいというものでした。
この大会は前年度のタイムによってゼッケンの文字の色が違います。
16時間以内 赤
20時間以内 緑
26時間以内 紫
初参加、前年リタイヤ者 黒
私は去年は21時間17分だったので紫です。
今年は目標『緑』

朝8時にスタート。
スタート時間は8時から10時までの任意の時間なのですがよっぽど自信のある人以外はだいたい8時から9時にスタートします。
ゴール時間は次の日の10時、26時間の勝負です。
ただ赤ゼッケンの人は10時スタートとなっているようです。

当然私は8時にスタート。

荒川上流の橋を渡ります。

最初のエイド(休憩地)は東古屋湖。9.4km。

炭酸饅頭を頂きました。

10km地点通過、9時49分。
去年は前半飛ばしすぎて後半バテバテだったので前半は抑え気味。
15km地点。10時41分。
2つ目のエイド。

のどかな風景の中を黙々と歩きます。
案内矢印には距離が書かれています。

3つめのエイドはバナナ。

まともに食ってるとゴール時には腹いっぱいになります。
4つめは豚汁。個人の家です。

そして道の駅もエイドに。

ようやく1/4です。

30km地点通過。

足は思ったより快調。
5本指ソックス2枚履きの上にウォーキングソックス。
その後のエイドでみかん。

日もだいぶ傾いたころ上平ポケットパークで夕食(?)。
おにぎりと唐揚げと漬物。

漬物が嫌いな私でも歩いた後の漬物は美味い。
40km地点通過15時41分。
もうこの時間に日が落ちかかっています。
46km地点のエイドではうどん。
うどんというよりきしめんに近い。

いよいよ日没、ライト点灯。

カテゴリー: ウォーキング | 2件のコメント

しおや100kmウォーク(その1)

しおや100kmウォークから帰ってきました。
心地よい疲れとは全く異なる強烈な痛みです。
椅子から立ち上がれません。
車の乗り降りにも苦労します。

11月5日金曜日自宅を車で2時半に出発。
平日でしたので深夜割引を使うためです。

車は順調に走り蛯名ジャンクションから圏央道に。
ところが圏央道がトンネル内で大型トラックが故障で車線をふさぎ大渋滞。
40分かけて渋滞を抜けると東北道とつながる久喜白岡ジャンクションで車4台の事故で渋滞。抜けるのに70分の表示。

直行はあきらめて鶴ヶ島インター降り姉の家で休憩することにしました。
義兄は日本スリーデーマーチで不在。
朝食だけ頂き少し休憩して再出発。

ルートを選び和光から外環で久喜まで。
久喜から先は高速も下道もあまり違わないだろうと国道4号へ。
途中で4号バイパスに乗り割と楽に矢板に到着しました。
去年と同じ矢板イースタンホテルにチェックイン。

ホテルの横のベイシアに夕食を買いに行くためエレベーターで降りると爽風涼歩さんご夫妻とばったり。
同じホテルでした。

ベイシアで買った夕食はビール、太巻き、エビフライ、ポテサラ。

1本、2本と飲んでいるうちこんな風になっちゃいました。

そして10時前には熟睡。
5時に目を覚まし朝食は車で5分のすき家4号矢板店に。
ゆっくり鮭朝食を食べて会場の玉生(たまにゅう)小学校へ。
30分もかからずに到着。
係の人の誘導で学校のグランドに駐車。

まだ役員以外はほとんどだれもいません。

いよいよ『しおやの地獄』の始まりです。

カテゴリー: ウォーキング | しおや100kmウォーク(その1) はコメントを受け付けていません

秩父いってんべぇウォーキング2Days(2日目)

2日目のスタートは秩父鉄道野上駅近くの多世代ふれ愛ベース長瀞。

スタートは9時予定。
前日は人がある程度増えた時点で密にならないため先行受付。
ところがこの日は15分前倒しだったのですが長蛇の列。

道路にまで延々伸びてます。

ハンコを一つ押すだけなのだから前日受付済みの人はどんどんスタートさせれば密は避けられるのに。
典型的なお役所仕事です。

スタートするとすぐ北桜通りを歩きます。
桜はかなり散ってますがまだ一部残ってます。

長瀞駅前。舟下りが有名なようです。

そして幹線道路を離れ山の中へ。

アップダウンだらけで平地がありません。

チェックポイントは味噌で有名な新井武平商店。

ここではみそ汁のおもてなし。

美味しかった。

内田家住宅前ではお茶の接待。

ゴールまであと少しの二十二番札所にはこんな看板が。

3時半までに通過できなければ勝手に帰れと。
これってけっこう厳しいのです。
受付が9時~10時ですから10時にスタートした人は5時間半しかありません。
昼食で30分休むと5時間。
アップダウンの激しい道を20km5時間で。

荒川の橋を超えるとゴールは間近。

踏切を超えゴールへ。


2日間アップダウンだらけのコースを完歩しました。
コロナの影響で各地の大会がほとんど中止になる中この大会を開催してくれた実行委員会に感謝、感謝です。
コースにはめっちゃ不満はありますが久しぶりのツーデーを満喫しました。

カテゴリー: ウォーキング | 6件のコメント

秩父いってんべぇウォーキング2Days(1日目)

この土日は秩父いってんべぇウォーキングに参加しました。
金曜日の早朝6時に自宅を車で出発。
高速を使わず下道で埼玉の義兄の家を目指しました。
渋滞もなくバイパスを乗り継ぎ御殿場に。
ここからは都内23区に入らず所沢を目指しました。
これがドはまり、渋滞に継ぐ渋滞。
伊勢原、町田、府中で大渋滞。
これなら都内に入って環八で行った方がはるかに早いと思いましたが後の祭り。
でも明るいうちに義兄の家に着き一安心。

土曜日は朝5時半に義兄の家を出発。
関越道で花園まで行き秩父を目指しました。
秩父駅の近くに駐車場を予約してあったので駐車場に止め歩いて5分の秩父駅へ。

秩父鉄道で3駅先の皆野駅へ。390円、日本一高い名古屋の地下鉄より高い。

そしてスタート会場の皆野町役場へ。7時30分到着。
時間が早すぎたため会場は閑散。受付は8時半から。

でも8時を過ぎると皆さん続々到着で受付は30分前倒し。

出発式も何もありません。
受付を終わった人から順次スタートです。
会場で会った知り合いは千葉のHakoさん。
Hakoさんから5月の伊勢志摩2Dの中止を聞きました。

スタートしてしばらくで新皆野橋を渡ります。

沿道にはまだ桜が微妙に残ってます。

途中には赤レンガのこんな建物もあります。

チェックポイントは『おがの化石館』

ここからが正念場です。
2km以上にわたる延々とした急坂、もちろん上りです。

綺麗な舗装道路の登りが終わりこれで下りかと思ったらまだ続きます。

そして秩父ミューズパークに到着。

土曜日なのに閑散としています。コロナの影響かな。
そして酒蔵の森へ。
酒造りの博物館です。休憩がてら中を見学。

そして最後の力を振り絞りゴールの秩父市役所に。
踏切ではカラフルな電車が通ります。

待望のゴール。

1日目終了。

カテゴリー: ウォーキング | 秩父いってんべぇウォーキング2Days(1日目) はコメントを受け付けていません