瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(その2)

2日目のスタートです。
私は二日酔い状態。
前の夜、義兄とその歩友さんと3人で倉敷駅前で飲んだのです。
飲み放題付き3000円のコースで飲み放題というとついつい『元を取らねば』という意識が働いてしまいます。
私は焼酎の水割り、二人はロック。
そして終了後ベロベロ状態でホテルへ。

それはともかく2日目が始まろうとしています。
義兄とホテルのロビーで6時待ち合わせ。
コンビニで朝食を買い会場へ。
6時半会場着。
歩友さんとも久しぶりの再会。

偉い人が挨拶した後でスタートの檄。
高校駅伝優勝の高校生の発声で檄一発。

スタート。私は中間位置くらいで出発。

倉敷市長さんとハイタッチ。

スタート印をもらいにスタートチェックに向かいます。

私が歩いた30kmコースは30回記念大会のための新設コースだそうです。
たしか以前は40kmだったはず。
10km短くなったために膨大な人数に膨れ上がりました。
前日の40kmよりはるかに多い人のようです。
スタート後はイモ洗い状態。お見送りの人もたくさん。

歩道一杯に広がっているためなかなか前に出られません。

最初のチェックポイントは遍照院。

そして倉敷川にかかる倉敷大橋を渡ります。

そして坂を上がると2つ目のチェックポイントのふなおワイナリー。
ワインの試飲があるのかと思ったらありませんでした。・・・残念。
後で聞いた話では工場見学をすると試飲があるそうです。

ここでカレーのいい臭いが・・・
ついつい食べてしまいました。マスカット入りミニカレーです。

ヤンマーの工場ではミニトマトとイチゴのおもてなし。

美味しかった。

残り10kmの最後のチェックポイントのまきび公園では汁サービス。
暖かい味噌汁が美味しかった。

実はこのチェックポイントを過ぎるとすぐにゴールへのエスケープルートがあるのです。
チェックポイントを過ぎてすぐに東京のMさんと遭遇。
Mさんは足が痛いのでこれからゴールするとのことです。
私も途中までお付き合いしゴールが見えたところでMさんとお別れし正規コースに戻りました。
11時前でゴール受付けも始まっていなかったためMさんはどこかで時間をつぶすと言ってました。

かなりの登りの竹林。

横溝正史も歩いたという大池ふるさと公園。

そして待望のゴール。
12時39分。まあまあ予定どおりです。

そしてバスで市役所まで行き先にゴールしていた義兄と合流し車で帰途につきました。
帰りは新名神が事故渋滞で甲賀土山から四日市まで渋滞。
それを避けて名神で行ったら大垣から一宮まで渋滞。
しょうがないので岐阜羽島で高速を降り下道へ。
最後は清州東から名二環に乗り帰ってきました。
歩いてる時間より移動時間の方が長い『疲れるウォーク』でした。

カテゴリー: ウォーキング パーマリンク

瀬戸内倉敷ツーデーマーチ(その2) への2件のフィードバック

  1. edokappa のコメント:

    二日間、お疲れ様でした。

    天気に恵まれて良かったですね。
    二日目はすごい人でしたね。
    帰りのことを考えて早めに列に並びました。

    帰りは同じように渋滞にはまりましたが、その日のうちにたどり着きました。
    約750km、結構きつかったです(^_^;)
    でも、これなら四国上陸も可能かな、なんて思いました。

    では、薄墨で会いましょう!

  2. 管理人 のコメント:

    > edokappaさん

    お疲れさまでした。
    2日間ともいい天気だったので楽しく歩けました。

    750kmはすごいですね。私にはとても無理です。
    一昨年広島に行っただけでもう二度と車で来ないと思いました。
    倉敷あたりが限界です。

    淡墨桜の60kmは爽風涼歩さんが言うように年1回の脚力テストです。
    でも年々脚力が落ちているような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。